HOMEオーシャンBLOG

鳥取 大山の紅葉情報 2016

こんにちは(o^∀^o)

11月になり、すっかり秋になりましたね~。

鳥取県の誇る名峰、大山もまさに紅葉シーズン真っ只中ですnote

 

昨日、家族で大山の紅葉具合を探索して参りましたので

我が家のおすすめ子連れ大山紅葉ルートをご紹介します。

 

①マウンテンストリーム岸本

ここって夏に川遊びする所でしょ??と思われますが

我が家の子供たちは紅葉より目的がありました。

サワガニ1.jpg

じゃーん!! サワガニcancer です(≧▽≦)

今回のカニは、食べるんじゃありませんよ~

食べるカニについてはこちら

お家の水槽で飼うのです。川の生き物が大好きな子ども達は、

とっても冷た~い川に入り、頑張って7匹ほど捕獲し、

小さいサイズ5匹ほど大事に家に連れて帰りました。

サワガニは日本で唯一、淡水のみで飼育できるカニだそうです。

 

紅葉から話がそれてしまって申し訳ございませんsweat01

もちろん親は、冷たい川に入る根性もなく、子どもを見張りつつ

紅葉を眺めておりました~happy01

川紅葉.jpg

岸本紅葉.jpg

マウンテンストリーム周辺は、まだ一部が紅葉という感じでした。

 

②大山まきばミルクの里

ここではもちろん!ソフトクリームheart02

ミルクの里 ソフト.jpg

川に入って寒いはずなのに、きづいたらすごい勢いで食べてましたsweat01

ここからの大山の眺めは、天気が良い時は、最高です!!

 

③桝水高原

久しぶりに来たのですが、駐車場が整備され広くなっており

観光の大型バスか何台か止まってました。

桝水紅葉1.jpg

ちょうど見頃といった感じでしたが、曇り空で全体が霧に覆われた感じで

あまり良い写真が撮れずごめんなさい。(˚ ˃̣̣̥ω˂̣̣̥ )

天空リフトに乗って標高900mまで行くと、紅葉のじゅうたんが

見渡せるという人気の紅葉スポットです。

 

我が家の子ども達は、斜面をダッシュで駆け上がり、

転げ降りてキャッキャと楽しんでおりましたsweat02

 

 

大山環状道路.jpg

大山環状道路を通って(桝水高原から大山寺橋方面)

 

④大山寺橋周辺

大山寺橋周辺.jpg

(2016.11.6日 撮影)

あいにくの曇り空の中、ここ大山寺橋からの紅葉が

一番色づきも良く綺麗でしたheart04

 

大山の紅葉シーズンも残りわずかです。

思った以上に山の方は冷えますので、

是非ともお帰りの際は、日帰り温泉オーシャンへ

温まりにお立ち寄りくださいませ:.゚٩(๑>◡<๑)۶:.

2016年11月 7日 09:25 カテゴリー: スタッフによる鳥取ねた

モクズガニって知ってますか?

こんにちは(^o^)ノ 

いきなりですが、日本で最もかにの

水揚げ量の多い県はどこでしょうか??

北海道??のような気もしますが・・・・

 

実は、ここ鳥取県なんです!!(;゚Д゚)エエー

それも2014年の農林水産省の水産物流調査によると、

かにの水揚げ量 1位鳥取県 9.668t 、2位北海道 2.923tと

だんとつの1位です。ォオー!!(゚д゚屮)屮

11月上旬ごろ、松葉ガニや親ガニ漁が解禁となりす。

楽しみですね~lovely

 

と前置きはさておき、

つい先日、我が家の長男が捕獲してまいりました!

カニ.jpg

我が家では、ずっとモズクガニと呼んでいたのですが、

正しくは、【モクズガニ】です。

地域によっては、ツガニ、ズガニ、川ガニと呼んだりするそうです。

 

ざっと20匹ほどいたでしょうかΣ(゚Д゚) 

学校から帰ってすぐ、網を持って飛び出していったのですが・・・

 

1時間ほどでこんなに捕まえてくるとは。

聞けば、川の水がほとんどなかったので友達と手づかみで次から次へと

捕まえていたそうです。

さすが、田舎はちがいますね~

というか、我が家の子どもたちが野性的なのですが・・・

カニ手.jpg

※1年生の次男坊も、幼稚園の頃から捕まえますヽ( ゚∀゚)ノ

何度もはさまれて大泣きしておりますのでお子様は、くれぐれも

気を付けて下さい。

 

鳥取県では、まさに今のシーズン、川で捕れる、モクズガニも

とっても美味しいんですheart01

モクズガニは、、中国の高級食材上海ガニの仲間で味噌が

とっても濃厚です。

我が家では、いつも炊き込みご飯にしております!

2016年10月 7日 23:01 カテゴリー: スタッフによる鳥取ねた

 

最新記事

カテゴリー


    月別アーカイブ

    2017年
    2016年
    2015年
    2014年
    2013年
    2012年
    2011年
    2010年
    このページのトップヘ