HOMEオーシャンBLOG

バリの花・・・・・

バリをイメージしているオーシャンでは、いろいろなバリに由来する物品が陳列されています。よく目につくのは、ガルーダ、シヴァ、ガネーシャとかの古来の神々の姿を模した彫像・絵画等です。

 そして、その次に目に付くのは、花  フランジパニ  サンダット   メラティー  等です。  これら南国の花々に限らず、花は大なり小なり人の心を癒してくれる不思議な力があるように思えます。

 私自身、20数年以上前に、自然観察会等で、動植物の指導員の案内のもと、半ば道なき道も歩きながら、その地に自生する小さい花、大きな樹木の話に耳を傾けながら聞いていた記憶が蘇ります。仕事がらみなので、最初は楽しくもないイベントでしたが、数多く参加せざるを得ない中、途中から、知らず知らずのうち、楽しんでいる自分がいました。それは、自然の中で花や樹そして虫、爬虫類・両生類の生きている姿は、水槽・花壇等で鑑賞するだけの”部分”のみでみるより遥かに力強く美しく・愛らしいものです。そして、その姿が、人の心を癒してくれるのでしょう。

バリの自然を切り取った絵画などがが皆さんの心に届けばうれしい限りです。

hana001.jpg

hana002.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

hana003.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

hana004.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ちなみに、私は 花より団子の口なので・・・・・・

2015年9月27日 12:12 カテゴリー:

秋晴れの朝

9月15日 AM8:30 ただ今の天気は、晴れ  久々の気持ちいい晴れです。山陰は、これから秋そして特に冬にかけて、気持ち良い晴れの日は少ない季節です。その中で、この心地よい晴れの日の朝を迎えるのは、心地よいものです。

 日帰り温泉オーシャンは、初秋の晴天をバックに、営業前の静けさは、”ボーッとして眺め続けたい景色です。

2015091501.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

皆生バッティングセンターも、営業前の静けさ。今日は、天気も良いので、グランドで、野球も良いですが、ここで気分転換にバットを振るという行為だけでも気持ちいいひと時が過ごせそうです。

2015091502.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ビジネスホテル・オーシャンの玄関の両サイドに位置する2対の彫像は、・・・・・・・何を思っているのでしょうか?

いつも、この彫像をみると、「いらっしゃ~~い」といっているのか「眠~~い」とつぶやいているのか、はたまた「今日のお客様はイカシテル方かしら」と思っているのか・・・・・・想像すれど正解は・・・・違うような気がする。

2015091503.jpg

2015年9月15日 09:20 カテゴリー:

バリ舞踏の夕べ

 夏休みも終了し、お盆を過ぎたあたりから天候は、晴れより荒天が多くなり、体調を崩しやすいような気候になっています。バリ風の異空間漂う日帰り温泉オーシャンにて、疲れきった体を癒し、この不順な天候を乗り切ってください。とはいえ、温泉に入ってばかりでは、刺激が少ないと思われる方も多いはず。

そこで、昨年・・・バリの舞踏を 日帰り温泉オーシャンの「海の見えるレストラン」にて開催したところ、思いのほか好評でした。昔からの日本の踊りや、現代の踊りとは違い、バリの舞踏は、刺激的なものです。決して、アグレッシブな踊りではないけれど、いや、見た目はアグレッシブでないけれど内面から薫るその空気感は、情熱的で楽しいもので・・・・心を癒してくれる踊りです。

 今年も、バリの舞踏を観ていただく機会をつくりました。

”インドネシア・バリ舞踏の夕べ” と題して、9月19日 土曜日の19:00~20:30を予定しております。変更になり16:00~17:30の予定です。

是非とも、バリ舞踏をこの機会にご堪能あれ

詳しくは・・・・日帰り温泉オーシャンにて

IMG_20150906_0002.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2015年9月 6日 11:36 カテゴリー:

 

最新記事

カテゴリー


    月別アーカイブ

    2017年
    2016年
    2015年
    2014年
    2013年
    2012年
    2011年
    2010年
    このページのトップヘ